グリップの握り方

グリップの握り方が狂うと、腕がねじれてしまい正しいインパクトがとれなくなります。そこでオンプレーン・トレーニング&トレーナーはシャフト部分の断面が長方形でつくられているため、スクエアなグリップを感覚的に理解することができます。




フィンをつけたトレーニング

フィンをつけたトレーニング クラブ(フィン)を90度右方向に回します。理想的なティーバックとは、テイクバックの始動後、90度の位置でアドレス時のシャフト角がほぼ同じ角度が理想です。



理想的なスイングの動きフィン(クラブヘッド)がスイングの平面で、常に空気抵抗を受けていることが理想です。




フィンなしトレーニング

フィンを外して正しいグリップを確認したらアドレスに入ります。そこで重心を狂わないように左右小刻みに振動させます。このトレーニングは上腕・腹筋・背筋・足腰など筋力UPすることができます。


小刻みに振動できれば、次はスイングで大切なビジネスゾーンの練習です。
インパクトを中心に左右45度です。アドレスで振動させたまま、テイクバックの方向へ少しずつ移動させます。このとき、振動がなくならないように注意してください。振動がなくなるのは正しいテークバックが出来ていないと考えてください。テイクバックからインパクトに戻りフォロースルー45度まで移動させます。
※左利きの方も、フィンの装着を逆向きに使用すれば、同じように練習可能です